スポーツベッティングで稼げる確率

過半数のベッターはお金を失いますが(だからこそスポーツベッティングは存続できるのです)、賢く賭ければ利益を出せる可能性もあります。ベッティングでは胴元に利益が出るようになっているので、プレイヤーは常に不利な状況に置かれています。一部の国やブックメーカーはベッティングを通じて数百万ドルの利益を上げており、人々はそれだけ多くのお金を失っているということになります。ですが、実際のところプレイヤーの勝率はどの程度で、どうすればベッティングを通じてお金を稼ぐことができるのでしょうか?

稼げる可能性はある

ベッティングで成功するには、チームやブックメーカーのリサーチに時間をかけなければなりません。ベッティングで利益を出すことは可能ですが、まずはベッティングの世界で使われる用語を理解する必要があります。用語を覚えたら、チームやトレンド、オッズのリサーチをし、それから賭け始めましょう。本気でお金を稼ぐなら、純粋に運に任せて勝ち続けようとしてはいけません。これは数百万ドルが動くビッグビジネスなので、お手軽にお金を稼げるかもしれないという期待は捨てましょう。

慎重に

自分なりのやり方で勝利を掴みたいなら、時間と練習が必要になります。まずはホームとアウェイの数字と対スプレッドの記録を調べ、その他の数字も考慮する必要があります。たとえば、野球でベッティングを行う場合、打者と投手の対戦成績を、サッカーであればコーチ同士の対戦成績をリサーチするといったことを行います。バスケットボールのベッターなら、各チームの効率性を比較し、ペース(チームの攻撃回数を示す指標)の研究を行います。基本的に、研究できる統計は無限に存在しますが、その中から重要なものを見つけることができれば、自分に有利に活かすことができます。

勝利を得るためには、自分の戦略に最適なオッズのスポーツブックを見つけなければなりません。たとえば、同じバッファロー・ビルズとニューイングランド・ペイトリオッツの対戦でも、ブックメーカーごとにオッズは異なります。不利と見られているチームのオッズは、通常のベッティングサイトでは+200程度でも、あるサイトでは+220という場合もあります。その場合は、より良いオッズを求めて別のサイトに移るかどうかを決断しなければなりません。

ハンデは避ける

勝率を上げるなら、ハンデなどは避けるようにしましょう。ハンデを利用したり予想屋に流されたりするプレイヤーもいますが、その場合は利益を出すためにより大きく勝たなければなりません。利益を出すためには52.4%は勝たなければならないので、ハンデがなくてもベッティングは十分難しいのです。予想屋のサービスなどにお金を払った場合、必要な勝率は55%かそれ以上に上昇します。当サイトではプレイヤーの勝利をサポートしますが、必ず勝てるという保証はありません。 

すでに時間をかけてできる限りの研究を行っている方なら、賭けを成功させて利益を出せる可能性も高まっているでしょう。しかし、努力が必ず報われるとは限りませんし、すべての統計が役に立つわけでもありません。しかし、だからこそ私たちはベッティングが大好きなのです。